2014年07月01日

スミツキトノサマダイ

学名 Chaetodon plebeius
スズキ目
チョウチョウ科

秋から冬にかけて田子の湾内、白崎のヒメエダミドリイシの群生地で見られます
11_1215sumitsuki.jpg
posted by 伊豆人 at 21:05| チョウチョウウオの仲間

2011年01月17日

ゴマチョウチョウウオ

学名 Chaetodon citrinellus
スズキ目
チョウチョウウオ科

黒潮に乗ってやってくるチョウチョウウオの仲間の中でもそれほど個体数が多くないのではないでしょうか?それともあまり意識していないだけなのでしょうか?
041005goma.jpg
posted by 伊豆人 at 20:18| チョウチョウウオの仲間

2011年01月16日

コクテンカタギ

学名 Chaetodon guentheri
スズキ目
チョウチョウウオ科

当店で毎年開催している銭洲遠征にて佐々木様が撮影しました この手のチョウチョウウオの仲間はこの辺までこないと見られませんね
050716kokuten.jpg
posted by 伊豆人 at 22:18| チョウチョウウオの仲間

ミナミハタタテダイ

学名 Heniochus chrysostomus
スズキ目
チョウチョウウオ科

夏から冬にかけて登場する死滅回遊魚です 田子湾内の白崎や弁天島で見られました 幼魚のうちはツノハタタテダイにちょっと似ていますね
041005minamihata.jpg

posted by 伊豆人 at 21:52| チョウチョウウオの仲間

ツノハタタテダイ

学名 Heniochus varius
スズキ目
チョウチョウウオ科

夏から冬にかけて見られる死滅回遊魚です 田子の湾内、白崎のヒメエダミドリイシの群生地や弁天島で見られました 雲見でも見たいものです
041005tsuno2.jpg
posted by 伊豆人 at 21:45| チョウチョウウオの仲間

ハタタテダイ

学名 Heniochus acuminatus
スズキ目
チョウチョウウオ科

雲見では夏から冬にかけて登場する死滅回遊魚です 張石ビーチの人工物や岩場、オオ根の砂地のアオリカの産卵床、牛着岩では小牛の漁礁で見られます ムレハタタテダイと良く似ていますが簡単な見分け方は黄色い背ビレと黒い縞の間に白が入ればハタタテダイ、入らなければムレハタタテダイということらしいです
041005hata.jpg
2012年10月20日、土肥の通り崎にて撮影しました
12_1020hata.jpg
2012年6月29m日、獅子浜にて撮影しました
16_0629hatatate.jpg
posted by 伊豆人 at 21:40| チョウチョウウオの仲間

ムレハタタテダイ

学名 Heniochus diphreutes
スズキ目
チョウチョウウオ科

雲見では夏から冬にかけて見られる死滅回遊魚 ハタタテダイとの違いは黄色い背ビレと黒い縞の間に白が入ればムレハタタテダイ、入らなければハタタテダイとのことです 写真は村田様が撮影しました
100811hata.jpg
写真は小牛の砂地で大きな群れを形成したところです
031128murehata.jpg
2013年12月5日、小牛前の砂地の漁礁で撮影しました
4_1205murehata.jpg
posted by 伊豆人 at 21:29| チョウチョウウオの仲間

シラコダイ

学名 Chaetodon nippon
スズキ目
チョウチョウウオ科

伊豆半島で通年そして一番、多く見られるチョウチョウウオの仲間ではないでしょうか 当店で毎年開催している銭洲遠征ではものスゴイ数のシラコダイが見られます が、エビ根〜ヒラッタイのの水路でシラコダイ玉になるのはあまり知られていないようです
060610shirako.jpg
写真は佐々木様が銭洲にて撮影しました
050716shirako.jpg
チョウチョウウオの仲間の中では最も地味な種類ですね 大瀬崎ではマンボウのクリーニングをすることで有名です
071016shirako.jpg
2013年7月4日、高田さんが撮影しました
7_0704shirako.jpg
posted by 伊豆人 at 21:22| チョウチョウウオの仲間

ミゾレチョウチョウウオ

学名 Chaetodon kleinii
スズキ目
チョウチョウウオ科

雲見では夏から冬にかけて見られる死滅回遊魚です 季節モノのチョウチョウウウオの中で一番、多く見られます
021006mizore.jpg
posted by 伊豆人 at 21:16| チョウチョウウオの仲間

トノサマダイ

学名 Chaetodon speculum
スズキ目
チョウチョウウオ科

雲見ではまだ見たことがありません 秋から冬にかけて登場する死滅回遊魚 田子湾内の白崎、ヒメエダミドリイシの群生地では一番多く見られるチョウチョウウオの仲間です
041005tono.jpg
posted by 伊豆人 at 21:06| チョウチョウウオの仲間