2014年07月09日

ヨコスジイシモチ

学名 Apogon cathetogramma
スズキ目
テンジクダイ科

2014年6月22日、高知県安満地ツアーにてうみほたる前で撮影しました 伊豆にはいないタイプのテンジクダイの仲間ですね 結構、大きかった
28_0622yokosuji.jpg

posted by 伊豆人 at 09:17| テンジクダイの仲間

2014年07月01日

ヤミテンジクダイ

学名 Apogon semiornatus
スズキ目
テンジクダイ科

2013年は小牛の亀裂、小牛前の亀裂、大牛小洞窟付近で見られました 可愛いテンジクダイの仲間です
13_1002yamiten.jpg
2012年、2013年の10月〜11月にかけて雲見に登場しました 闇の大魔王のような名前ですね(笑)
1012yamiten.JPG
雲見 ダイビング エグザイル
posted by 伊豆人 at 10:25| テンジクダイの仲間

リュウキュウヤライイシモチ

学名 Cheilodipterus macrodon
スズキ目
テンジクダイ科

2012年10月14日 田子にて撮影しました 地味なんですが実は南方系なんですよね〜
1014ryukyu.JPG
雲見 ダイビング エグザイル
posted by 伊豆人 at 10:19| テンジクダイの仲間

キンセンイシモチ

学名 Apogon properuptus
スズキ目
テンジクダイ科

高知県安満地ツアーにて撮影
7_1109sujio.jpg
雲見ではまだ見たことがありません
0621kinsen.JPG
雲見 ダイビング エグザイル
posted by 伊豆人 at 10:06| テンジクダイの仲間

2014年05月29日

イナズマヒカリイシモチ

学名 Siphamia tubulata
スズキ目
テンジクダイ科
2014年6月19日、高知県大月町(安満地ツアー)にて撮影 ここの固有種とのことでした
0619inazuma.JPG
posted by 伊豆人 at 20:58| テンジクダイの仲間

2011年01月06日

スジオテンジクダイ

学名 Apogon properuptus
スズキ目
テンジクダイ科

コスジイシモチに少し似ていますね 生息域も同じかやや浅めでかぶっています キレイなテンジクダイの仲間ですね
100811kinsen.jpg
以前はキンセンイシモチのドット型や伊豆型と呼ばれていましたがどうやら別種ということでスジオテンジクダイと改名されました
2_1007sujio.jpg
キンセンイシモチとは産卵の時間帯が違うなど生態的にも違うようです
37_0908sujio.jpg
posted by 伊豆人 at 10:56| テンジクダイの仲間

ホウセキキントキ

学名 Priacanthus hamrur
スズキ目
キントキダイ科

秋から冬にかけて見られる死滅回遊魚です 雲見では湾内ブイ周辺やオオ根の岩場側の比較的、浅い場所で見られます 体色の変化がとてもキレイです
101005h_kintoki.jpg
posted by 伊豆人 at 10:51| テンジクダイの仲間

アカネテンジクダイ

学名 Apogon crassiceps
スズキ目
テンジクダイ科

洞窟の中に単体でいるのを見かけます 雲見でのオススメ観察ポイントは大牛洞窟と小牛の行き止まり洞窟です
100523a_tenjiku.jpg
口内保育中の写真がないので機会があったら是非、撮影したいものです
100904akanet.jpg
posted by 伊豆人 at 10:47| テンジクダイの仲間

サクラテンジクダイ

学名 Cercamia eremia
スズキ目
テンジクダイ科

洞窟の多い雲見では比較的、普通に見られます 大牛洞窟は絶好の観察ポイントではないでしょうか 写真は村田様が撮影しました
100430sakurat.jpg
オスの口内保育シーンです 機会があったら口の中の卵も撮影したいものです
080814sakura.jpg
posted by 伊豆人 at 10:42| テンジクダイの仲間

クロイシモチ

学名 Apogon niger
スズキ目
テンジクダイ科

浅場の砂地に点在する岩の陰や人工物の隙間にいます 雲見ではオオ根の砂地、赤井浜よりで見られます
030924kuro.jpg
クロイシモチのメスです オスと違って全然、黒くありません(笑)
6_0424kuroishi.jpg
posted by 伊豆人 at 10:36| テンジクダイの仲間