2014年07月09日

アザミカクレモエビ

学名 Alcyonohippolyte commensalis
モエビ科
カクレモエビ属

以前はナガレモエビ属の一種と呼ばれていましたが晴れてアザミカクレモエビという名称がつきました ユビノウトサカを宿主にしている可愛らしいエビちゃんです 浮島ビーチで見られました
101022nagare.jpg
こちらは雲見で見つけた個体 グンカン根頭にいました
22_0927azami.jpg
posted by 伊豆人 at 09:46| モエビ科

2012年01月22日

ヤマトモエビ

学名 Eualus leptognathus
モエビ科(Hippolytidae)
イソモエビ属(Eualus)

転石下のウミウシを探しているとアシナガモエビモドキ同様、やたらと目に付くエビです
120121yamatomo.JPG
posted by 伊豆人 at 17:11| モエビ科

2012年01月16日

コシマガリモエビ

学名 Heptacarpus geniculatus
モエビ科(Hippolytidae)
ヒメサンゴモエビ属(Heptacarpus)

撮影日 2012/1/12
撮影地 浮島 ビーチ

伊豆の水温のボトムに近くなる2月、小雨の降りしきる浮島ビーチのラクダ岩付近のモクで撮影しました 1月に比べ、個体数は減ったもののそれでも普通に見られました 2012/2/14、撮影
120214koshi.jpg

深々と冷える1月の浮島ビーチのモク(ホンダワラ類)の中で多数、観察されました 体長は30〜50mmほどあり動きはさほど速くないので時間をかけられればコンデジでもなんとか撮影できました 青い斑紋が特徴的なエビでした
120116koshi.JPG
2014年1月19日、ダンゴウオを見に行った菖蒲沢でカジメに付いているのを見つけました
17_0119koshi.jpg
posted by 伊豆人 at 21:10| モエビ科

2010年12月20日

アシナガモエビモドキ

学名 Heptacarpus futilirostris
モエビ科(Hippolytidae)
ツノモエビ属(Heptacarpus)

写真は浮島ビーチにて撮影しました ウニの仲間の死骸に群がっていました 雲見ではオオ根で見られました
060311ashinaga.jpg
2014年5月3日、浮島ビーチにて ナイトダイビングで太田さん(奥様)が撮影しました
14_0503ashinaga.jpg
こちらも浮島ビーチにて2014年2月14日、バレンタインデーに撮影しました 石裏などにいっぱいいます
0214ashinaga2.jpg
タグ:エビ類
posted by 伊豆人 at 17:49| モエビ科

アカシマシラヒゲエビ

学名 Lysmata amboinensis
モエビ科(Hippolytidae)
ナガレモエビ属(Lysmata)

雲見では−16mアーチ付近の岩の亀裂とグンカンの東面の岩の亀裂で見られています ウツボやクエ、タカノハダイなどがクリーニングされに来ています グローブを外して手を差し伸べると爪のクリーニングをしてくれます チクチクして気持ちいいですよ
100820akashima.jpg
キンギョハナダイが気持ち良さそうにエステをされています
29_0908akashima.jpg
2010年7月18日、雲見にて撮影 コケウツボがアカシマシラヒゲエビにエステをされています
1_100718akashima.jpg
2013年9月11日、雲見にて撮影 こちらはウツボがエステをされています
1_091113akashima.jpg
2014年6月29日、小牛洞窟にて撮影 ペアで見られます
29_0629akashima.jpg
その小牛洞窟のペアを動画で撮影しました

タグ:エビ類
posted by 伊豆人 at 17:40| モエビ科

ウズラカクレモエビ

学名 Hippolyte.sp 2
モエビ科(Hippolytidae)
ナガレモエビ属(Hippolyte)

コリンズブイの近くのユビノウトサカにて目撃 今まで見た中で最も小さな個体でした
120122nagare.JPG
グンカンの深場のユビノウトサカでトサカガザミをご紹介したのですが、そのユビノウトサカにいたのです ボートにエキジット後、お客様がデジカメで撮影した画像を見せて「これって何て生き物?」と聞いたのです ガーンっ! そうです、ずっと見たかったナガレモエビ属の一種だったのです 当然、翌日はヤル気満々で探したのですが直径わずか30cm程度のユビノウトサカを入念に探しても見つかりません そして数日後、そのトサカを何気なく覗いた時に見つけたのがこれです いや〜、感動しました
101121nagare.jpg
雲見の小牛前で2014年9月7日に塩塚さんが撮影しました
14_0908uzura.jpg
同じ個体で9月7日に清水さんが撮影 背中の模様が和田アキ子に似ていることから和田アキ子エビと話題になりました(笑)
11_0907uzura.jpg
タグ:エビ類
posted by 伊豆人 at 17:30| モエビ科

2010年12月18日

イソギンチャクモエビ

学名 Thor amboinensis
モエビ科(Hippolytidae)
ヒメサンゴモエビ属(Thor)

撮影日 2010/11/6
撮影地 雲見 牛着岩

スナイソギンチャクが少ない雲見ではグビジンイソギンチャクで良く見かけます エビなのに逆エビ状に反り返った姿が面白いですね
101106moebi.jpg
通年、見られますが夏くらいから数が増えてきます 毎年たくさん付くイソギンチャクが決まっているようでメダカの学校状態になることがあります
101126moebi.jpg
英名セクシーシュリンプ 腰をMAX反った瞬間がシャッターチャンスです

タグ:エビ類
posted by 伊豆人 at 21:45| モエビ科