2014年05月21日

シマウシノシタ

学名 Zebrias zebra
カレイ目
ササウシノシタ科

ナイトダイビングの際、砂地で観られました 稀に日中、観られることも ライトで照らしていたら縞模様がだんだん薄くなってきました
20140503shimaushi.JPG

posted by 伊豆人 at 11:10| カレイ・ヒラメの仲間

2012年07月09日

セイテンビラメ

学名 Asterorhombus intermedius
カレイ目
ダルマガレイ科

口のすぐそばのトゲは背ビレ第一軟条というそうでルアー(疑似餌)の役割をするらしい カエルアンコウのエスカのような感じなんでしょうか? 雲見では時々、見られますがそれほど個体数は多くないかと
120709seiten.JPG
2013年7月12日、土肥の通り崎ビーチにて撮影しました
4_0712seiten.jpg
posted by 伊豆人 at 17:52| カレイ・ヒラメの仲間

2011年02月08日

ダルマガレイ

学名 Engyprosopon grandisquama
カレイ目
ダルマガレイ科

コウベダルマガレイと生息域が似ています 尾ビレに黒い斑紋があるので容易に見分けられます 写真は青柳様が撮影しました
041005daruma1.jpg
このカットだと尾ビレの黒斑がわかりやすいですね
041005daruma2.jpg
砂地と完全に見分けがつきません(^_^;)
0710daruma.JPG
posted by 伊豆人 at 21:09| カレイ・ヒラメの仲間

コウベダルマガレイ

学名 Crossorhombus kobensis
カレイ目
ダルマガレイ科

ダルマガレイに見ていますが両眼の間隔が離れていることで見分けられます 雲見では小牛の砂地で時々、見かけます
100811kobe.jpg
2013年5月29日、土肥の通り崎ビーチにて撮影しました まずは全体を
21_0529kobe1.jpg
同じ個体の顔のアップです 眼が離れていますね〜(^o^)
22_0529kobe2.jpg
posted by 伊豆人 at 21:02| カレイ・ヒラメの仲間

ムスメウシノシタ

学名 Parachirus sp
カレイ目
ササウシノシタ科

雲見では季節を問わず普通に見られます 主な観察エリアは小牛の砂地側の亀裂や小牛洞窟入口の水底など比較的、浅い所ですね カラダに黒い斑紋があるのが特徴です
101115musume.jpg
posted by 伊豆人 at 20:57| カレイ・ヒラメの仲間

クロウシノシタ

学名 Paraplagusia japonica
カレイ目
ウシノシタ科

ナイトダイビングで稀に見られます フランス料理で言う舌平目です
100709kuroushi.jpg
posted by 伊豆人 at 20:50| カレイ・ヒラメの仲間

メイタガレイ

学名 Pleuronichthys cornutus
カレイ目
カレイ科

くっついて飛び出した眼が特徴です 雲見でも時々、見られます
060608meita.jpg
こちらは珍しい白化個体です 写真は佐々木様が撮影しました
041005meita_w.jpg
posted by 伊豆人 at 20:46| カレイ・ヒラメの仲間

ヒラメ

学名 Paralichthys olivaceus
カレイ目
ヒラメ科

雲見では牛着岩周辺の砂地や岩礁域で時々、見られます 春から夏前が産卵期でこの頃、カタクチイワシの群れが入ってくる為、サビキでイワシを釣ってそのまま沈めて行うヒラメ釣りが盛んです よく左ヒラメ、右カレイなどと言われます
21_0627hirame.jpg
ナイトダイビングでは遭遇率が上がります 警戒すると胸ビレを立てます 警戒中に接近するとすぐに逃げてしまいます
100803hirame.jpg
2014年6月27日黄金崎ビーチにて ゴロタのかけ上がりで見られました

posted by 伊豆人 at 20:40| カレイ・ヒラメの仲間