2011年01月06日

ネンブツダイ

学名 Apogon semilineatus
スズキ目
テンジクダイ科

根の周辺、中層で普通に見られます 6月くらいになると大きな群れを形成しよく見るとそれぞれがペアになっています 名前の由来はオスが口内保育をする際、卵に酸素を含んだ新鮮な水を送り込むために口をモゴモゴ動かす様が念仏を唱えているようだからと聞いたことがあります
100713nembutsu.jpg
普通種ですが大きな群れになると見応えがありますね
100706nembutsu.jpg
posted by 伊豆人 at 10:26| テンジクダイの仲間