2011年01月05日

ヌノサラシ

学名 Grammistes sexlineatus
スズキ目
ハタ科

2011年はヌノサラシの当たり年?でした ボク自身は小牛の砂地側の亀裂、大牛の大きなサンゴイソギンチャクの脇の穴、他にも三競での目撃情報がありました それも同じ場所で何度となく見られました
111012nuno.jpg
イナンバ島にて撮影しました 口の中からエビの触角のようなモノが出ていたのでエビか何かを摂食したのかと思っていたら、実はS味蕾だそうです 他の魚と一緒の水槽に入れると皮膚から粘液毒をだして全滅(ヌノサラシも含め)してしまうそうです その粘液から英名はsoapfishというそうですよ 伊豆では会えない魚に会えるのが遠征の醍醐味のひとつですね
060820nunosara.jpg
2012、2013年は雲見でもたくさんのヌノサラシが見られました
4_1109nuno1.jpg
posted by 伊豆人 at 15:48| ハタ・ハナダイの仲間