2011年01月05日

イロカエルアンコウ

学名 Antennarius pictus
アンコウ目
カエルアンコウ科

雲見ではベニカエルアンコウの次に良く見られるカエルアンコウの仲間です オオモンカエルアンコウの幼魚との見分け方がとても難しいです 簡単な言葉で説明しますとイロカエルアンコウ最初のトゲ(背ビレ第2棘)と2番目のトゲ(第3棘)に薄い膜があります オオモンカエルアンコウはここが肉厚で膜になっていません 過去にオオモンカエルアンコウの幼魚としてLOGに掲載した個体もどうやらイロカエルアンコウと混同していたようで、折を見て過去のデータをチェックしてオオモンカエルアンコウの画像を掲載したいと思います(もしかしたらまだ見ていないかもしれませんが、、、)
101015ikaeru1.jpg
どのカエルアンコウの仲間にも言えますが幼魚のうちが一番かわいいですね 秋になると極小サイズの幼魚がしばしば見られます
101027ikaeru2.jpg
カラーバリエーションが多いのも特徴です
101008ikaeru1.jpg
体色と同じような環境にいます 一個体を1シーズン追いかけたことがありますが、どうやら環境に合わせて体色を変えているようです ジュズエダカリナと同じ色ですね 写真は村田様が撮影しました
101106ikaeru.jpg
貴重な排泄シーンをスクープしました!!
070131ikaeru3.jpg
イロカエルアンコウがホソウミヤッコを捕食して丸呑みにするシーンです

posted by 伊豆人 at 11:11| アンコウの仲間