2010年12月29日

サカタザメ

学名 Rhinobatos schlegelii
エイ目
サカタザメ科

雲見では6〜7月にかけて水温が20℃を超えたくらいからオオ根の砂地で見かけるようになります アオリイカの産卵と時期がかぶっているのでこの時期のオオ根は盛り上がりますね 多いときは1ダイブで5〜6個体のサカタザメと出会うことがあります 見つけ方のポイントですが砂紋がくっきりしているところではあまり見かけません おそらく居心地というか寝心地が悪いのかもしれませんね 水深−7〜5mくらいの岩の脇の砂紋がないフラットなところチェックしましょう
100709sakata.jpg
さすがにこの時期の雲見は潮色がしんどいですね 2枚とも写真が緑がかっています
100811sakata.jpg
2013年7月13日、雲見のオオ根にて 水温が20℃を越えると浅場にのっこんできます
0704sakata4.JPG
2013年7月13日、雲見にて撮影しました

posted by 伊豆人 at 14:09| エイ・サメの仲間